ホームホーム > コラム > CAD化している?アドビイラストレーター最新情報

CAD化している?アドビイラストレーター最新情報

CAD化している?アドビイラストレーター最新情報
ここがポイント!

グラフィックデザインなどで必須のソフト、イラストレーター(Illustrator)を使って、文字どおり「イラスト」を描いて人もいるでしょう。ですが、イラストレーターはCAD的な使い方や、パースの作成など建設関連のお仕事でも大活躍しているのです!

イラストレーターを使って図面からパースまで描けます

通称「イラレ」とも呼ばれ、さまざまなデザインのお仕事で使われている、ドローイング(図や絵を描く)ソフト、イラストレーターは、アメリカのアドビシステムズが「Adobe Illustrator」という表記で1987年から販売しています。

イラストレーターは、特に広告やグラフィックデザインをしている方々には、同じアドビシステムズから出ている画像編集ソフト、フォトショップ(Adobe Photoshop)とともに、さまざまなデザイン作業で必須のものとなっています。

絵を描くために開発されたイラストレーターですが、いまでは建築はもちろん、機械のCAD設計、そしてさまざまなクリエーターの人々が使っています。イラストレーターは、基本的に描画ソフトなので、建設系の平面図などもCADと同じように描くことができます。

実際に、設計のお仕事のなかでも商業施設のデザインを行う人は、イラストレーターで図面を描き、完成予想のパースとしてプレゼンテーションに活用している人も多いようです。イラストレーターは3Dの図に、より遠近感(パース)を表現できる機能もあるので便利。

また、フォトショップとの互換性も高いため、取り込んだ写真をイラストレーターの線情報に変換して、立体的な建築物などの絵にすることも可能。このようにイラストレーターはCADオペレート=図面作成はもちろん、効果的なプレゼンツールとしても強力な道具になります。

プラグインソフトを使えばイラストレーターを「CAD化」できます

不動産関連のお仕事などで間取り図を描く場合などには、イラストレーターは十分すぎるほどの機能をもっています。また、イラストレーターはほとんどのCADの拡張子を読み込めるので、CADデータを使って、イラスト的な図面に加工することも可能。

逆にCADソフト「.dwg」「.dxf」などの拡張子もイラストレーターの拡張子「.ai」が読み込みと書き出しができて、さらに画像ファイル「.jpg」やワードの「.doc」なども読み込めます。そのほかのファイルとの詳しい互換性はアドビシステムズの、

Illustrator Help

http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/kb/cpsid_93632.html

で確認してみてくださいね。

さらに、イラストレーターを、よりCADに近い感覚の操作で行いたい場合は、プラグインソフト*を使うと便利。2DCADでは、「Parametricos」という、プラグインソフトで「イラストレーターをCADにする」ことができます。

http://www.baby-universe.co.jp/ja/plug-in/products/param/

また、3Dに対応したCADでは「CADgate」というプラグインソフトが知られています。これはイラストレーターで作成・編集したデータをAutoCAD のバージョンを指定して出力することができます。これなら、イラストレーターとCADデータを行ったり来たりして、それぞれの特徴の「いいとこ取り」ができますね!

http://applicraft.com/product/D/cadgate.php

さらに、アドビシステムズでは、さまざまなイラストレーター向けのサードパーティ*製のプラグインをサイトで紹介しています。CAD用はもちろん、フォトショップなどで行っていた色調整や、地図を読み込む機能、自動でトレースする機能など、さまざまなものがあります。なかにはアパレル系や、なんと帳票や伝票をまとめる事務職用のものまでありますよ! ぜひ、チェックしてみてください。

http://www.adobe.com/jp/joc/illustrator/plugins/

以上、基本的にイラストレーター2012年に発売された現段階の最新バージョン「CS6」を中心に見てきました。ですが、古いバージョンを使っている設計者やデザイナーの方も多いようなので、データのやり取りをするときは相手の環境を聞いておくと、より安心です!

「クリエイティブクラウド」という新システムにも注目!

アドビシステムズは2014年に「Creative Cloud」(クリエイティブクラウド、略称:CC)

https://creative.adobe.com/ja/plans

という、最新のアプリケーションを利用できるサービスを開始しました。Creative Cloudは、サブスクリプションサービスと呼ばれる「利用期間に対して対価を支払う方式」で、利点として、イラストレーターはもちろん、アドビシステムズのすべての製品を使うことができて、常に最新バージョンにアップデートすることが可能ということです。

お仕事でイラストレーターが必要な場合は使い方に合わせて、パッケージ版にするか、サブスクリプションサービスのクリエイティブクラウドにするか、よく検討してくださいね!

なお、クリエイティブクラウドには「体験版」も用意されているので、イラストレーターの導入を検討している人は要チェックです。

 http://www.adobe.com/jp/creativecloud/catalog/desktop.html?sdid=KJHSO&re_adpcnt=7yj_1DA

最後に

イラストレーターは、ある意味、あらゆるデザインのコンピューティング化に貢献したソフトのひとつともいえます。そして世界中にユーザーもたくさんいるので、プラグインソフトなどでCAD化していくのは自然な流れです。

もちろん、イラストレーターやさまざまなCADソフト、そして手描きも含めて、表現方法は、本来、自由なもの。大事なことは「そのツールが、仕事の内容や自分のやりたいことに合っているかどうか」ということなのです。

PCを使うお仕事のCADオペレーターとして働くために、今回紹介したイラストレーターをはじめ、日々進化していくソフトウェアなどの最新情報は意識的に入手したいもの。そうすることで、より高いステージに進むヒントに出会えるチャンスが広がることでしょう。

 

*プラグインソフト

ソフトウェアに組み込むことで、追加機能を拡張できるプログラムのこと

*サードパーティ

一般的に特定のソフトウェアに互換性のある製品を提供しているが、そのソフトウェア自体の開発や販売元でない会社の製品