ホームホーム > コラム > CADオペレーター必見♪ 気分が上がる、仕事で使うカワイイ文房具5選!

CADオペレーター必見♪ 気分が上がる、仕事で使うカワイイ文房具5選!

CADオペレーター必見♪ 気分が上がる、仕事で使うカワイイ文房具5選!
ここがポイント!

お仕事は、たのしい気持ちで行いたいもの。CADオペレーターとしてオフィスワークをしているとき「文房具はお気に入りのモノを使いたい」と思っている人は多いのでは? そこで、デザインもよく気分も上がるカワイイ文房具を5つあつめてみました。

北欧デザイン「リサ・ラーソン」のマスキングテープで能率アップ

もともとは塗料を塗るとき色をつけたくない部分を隠すために使われていた「マスキングテープ」。でも最近はカワイイイプリントのものが増えて、インテリアとして雑貨などのアレンジに使う人もいるようです。ここで紹介するのは、動物柄などのイラストが大人気のスウェーデンの陶芸家、リサ・ラーソンの絵がプリントされたもの。ファイルの背をデコったり、メモをパーテーションなどに貼ると気分が上がること間違いナシです!

2553_1_expand_ig

写真提供:インテリアショップe-goods

にぎったときのモコモコ感に癒される~!「フェルトアニマルペン」

ちょっと、とぼけた表情の動物のカタチをしたフェルトペンカバー。PC作業中にミスをしたり、すこしイラっとすることがあっても、このボールペンを見ると穏やかな気分になりそう! 種類はラビット、エレファント、ゼブラ、ディアーまではわかりますが、黄色い子は?? これはナゾの生命体「カツーリ」という生き物だそう。ほかにも、ライオンやパンダなども……。ぜんぶコンプリートしたくなる、かわいらしい筆記具ですね。

1451_1_expand_ig

写真提供:インテリアショップe-goods

ディスプレイしてもたのしい!双葉のカタチの画びょう「Green Pin」

コルクボードなどに画びょうでお気に入りのカレンダーなどをとめるとき、カワイイものがなくて、仕方なくフツーのピンを使っていませんか? そこでオススメなのが、この発芽したばかりの葉っぱのようなプッシュピン。たくさん集めて写真のようにランダムに差していけば草原のできあがり! もちろん、本来のピンとしてオフィスで使えば明るい雰囲気になりそうですね。でも使い方は自由。オリジナルなオブジェもつくれそう!

8r_ig

写真提供:インテリアショップe-goods

PCまわりのゴチャついた配線をがんばって整理してくれる「Mr.P」

「えーと、これはディスプレイのコード、これはアダプター、この白いケーブルなんだったっけ?」とPCやデスクまわりは配線がからまってイライラ……。そんなときに、力強い見方になってくれるのがこの「Mr.P」。りっぱな仕事をしてくれるコード・キーパーです。電源コードをグルグルに巻き付けても、だいじょうぶ!1メートルまでの家庭用電源コード(400w以下)に対応しています。表情はツラそうだけど、そこがキュート!

ar_ig

写真提供:インテリアショップe-goods

あえて男前なデザインもアリ! 重厚な鉄製の「tetu テープカッター」

カラフルでポップなステーショナリーもいいけど、本格派のプロダクトをチョイスするのもおおいにアリ! このテープカッターはデザイナー・小泉誠さんによるモダンなイメージのデザイン。適度な重さがあるのでプラスチック製のカッターを使うときのように押さえる必要がなくて超便利! しかも写真のように手のひらに乗るコンパクトなサイズ。ちょっと渋めの文房具は、まわりの視線をあつめて「できるヒト」を演出できるかも?

dx_ig

写真提供:インテリアショップe-goods

最後に

いま、ほとんどのお仕事はPCやインターネットできますよね。なるべく紙を使わない「ペーパーレス化」が進んでいる職場も多いのでは? たしかに紙を使わなければコピー機や印刷コストはかかりませんし、書類の保管場所もスリムにできますよね。

CADオペーレーターの世界でも、図面データのやり取りだけで済ませることもで可能です。「そういえば、最近プリントしてないかも…。ボールペンでメモを取ったり、ホチキスで書類をとじたりすることは減ったなぁ」と感じている人も多いのでは?

でも文房具にはデジタルにはない「手しごと」ならではの味があります。なかでもカワイイかたちや、カラフルな色の文房具は持っているだけで気分がアップすること間違いナシ! きっと仕事もはかどりますよ。

たまには社員さんへの連絡はデジタルの情報共有のグループウェアやメールをお休みして、ペンで書いたメモをマスキングテープで貼ってデスクに置いてみては? デジタルフォントじゃない手書きのメッセージは、もらった人もあたたかい気持ちになるものです。

取材協力:インテリアショップ e-goods www.e-goods.co.jp