ホームホーム > コラム > スキルアップ間違いなし!CADに役立つ建設関連の本ベスト8

スキルアップ間違いなし!CADに役立つ建設関連の本ベスト8

スキルアップ間違いなし!CADに役立つ建設関連の本ベスト8
ここがポイント!

建設関連のCADオペレーターお仕事にする人のために参考になる本を比較的、新しいものから8冊をチョイス!建築デザイン、土木・建築、建物お散歩、そしてインテリアの4つのジャンルから2冊ずつオススメ本を紹介します。

建築デザイン系

『世界の名建築』

アフロ/アマナイメージズ(著)
パイインターナショナル(刊)

世界の名建築

ヨーロッパ、中東、アジア、アメリカ……。建築の巨匠たちが手がけた名建築をめぐる世界の旅に出かけましょう!有名な美しい建物を中心に、人気のガウディ・デザイン「サグラダ・ファミリア聖堂」なども載っていますよ! フランク・ロイド・ライトやル・コルビジェなどの近代建築の巨匠が手がけた建物から、RIBAゴールド・メダルなどを受賞した世界的な建築けでなく、奇抜なデザインのビルもたくさん載っている楽しい一冊。

http://www.amazon.co.jp/dp/4756244971

『PLOT 05伊東豊雄』

伊東豊雄(著)
エーディーエー・エディタ・トーキョー(刊)

PLOT 05伊東豊雄

伊東豊雄さんは、建築界のノーベル賞と言われるプリツカー賞をはじめ、日本建築学会賞作品賞を2度、グッドデザイン大賞など、たくさんの受賞歴のある日本を代表する建築家の一人です。そんな伊東さんの最新のプロジェクトやインタビュー、実施設計までのスタディ、家具のデザインなどのプロセス解き明かしています。いま世界中で話題の建築「台湾大学社会科学部」の設計プロセスなどは建築系CADペーレーター必読の充実した内容。

 http://www.amazon.co.jp/dp/4871404757

土木・建設系

『継続は力なり 女性土木技術者のためのキャリアガイド』

土木学会(編・刊)
土木技術者女性の会/地盤工学会(協力)

継続は力なり 女性土木技術者のためのキャリアガイド

女性土木技術者の人々たちを応援する1冊です。仕事、家庭、育児……などと両立させながら、女性が土木業界で、キャリアを継続するためのロールモデル、そしてその方法について詳しく解説しています。土木と女性技術者、女性土木技術者の人々たちのキャリア継続のためのQ&A、そして女性土木技術者の未来についての座談会などと、充実した内容になっています。土木女子=「ドボジョ」への愛情あふれるメッセージが満載です。

http://www.amazon.co.jp/dp/4810607488

『ダム―巨大建造物写真集』

萩原 雅紀(著)
メディアファクトリー(刊)

ダム―巨大建造物写真集

「土木ブーム」を巻き起こした、ベストセラーの写真集『ダム』を、オールカラーで文庫化したもの。北海道や東北のダムなど、著者の萩原雅紀さんが、その後に撮りためた写真を加えて、東日本を中心に45のダムを収録しています。水門からの放流、山中にそびえたつ巨大さ、ダムならではの様式美、そして同じものがないさまざまなデザイン。「土木萌え」の人でなくても心を惹きつけられる、巨大建造物「ダム」の魅力に圧倒されますよ!

http://www.amazon.co.jp/dp/4840145644

建物お散歩系

『東京建築散歩24コース』

志村 直愛(著)建築から学ぶ会(編)
山川出版社(刊)

東京建築散歩24コース

「東京の味わい深い建築を24の散歩コースで紹介した本。レトロ感のあるものから新しいイメージの近代建築までを、テーマとエリア別で編集しています。知っている建物でも、きっと意外な発見があるはず! テーマは、震災復興橋、教会建築、「食える」建築、銀座モダンボーイの散歩道など独自の視点で分類されています。この本をリュックサックに入れて、ウォーキング気分で「東京の近代建築を訪ねる」お散歩に出かけてみては?

http://www.amazon.co.jp/dp/463459210X

『構造デザインマップ 東京』

構造デザインマップ編集委員会(編)

構造デザインマップ 東京

「東京でおもしろい建物の構造は?」をテーマに、首都圏で構造に特徴のある建築作品をピックアップし、マップとともに紹介した本です。普通の建築ガイドは、その外観を中心に「デザイン」を紹介した本が多い中、この本は「建築構造」にスポットを当てるという斬新な切り口の構成となっています。紹介している建築は140件、マップは71枚も収録。

写真や図面も豊富で、構造の概要や特徴、工法などについても詳しく解説しています。

http://www.amazon.co.jp/dp/4864171211

インテリア系

『インテリア練習帖』

石井佳苗(著)
宝島社(刊)

インテリアコーディネーターで暮らしに関する雑誌や広告のスタイリスト、そして商品開発など幅広い活動で知られている石井佳苗(いしい・かなえ)さんによる「自分らしい住まいのつくり方」の本。はじめて家のインテリアに挑戦する人はもちろん、キッチンだけ、リビングだけ、といった部分的なインテリアを見直したい人にもオススメしたい1冊。「センスいいね!」といわれる家にするための、新しい「インテリアの教科書」です!

http://www.amazon.co.jp/dp/4800226740

『アァルトの椅子と小さな家』

堀井和子(著)
河出書房新社(刊)

料理スタイリストで、写真、イラスト、エッセイなども手がける堀井和子さん独自の「暮らし目線」の旅を紹介した1冊。タイトルどおりフィンランドの建築家・アァルトの椅子はもちろん、モダンデザインのテキスタイルを探して北欧に旅行したり、コルビュジェが建てた家を訪ねてスイスに行ったりと、と気ままな雰囲気が楽しい気持ちにさせてくれます。この本を読むと「こんなスタイルの自由な旅に出たいなぁ」という気分になりますよ!

http://www.amazon.co.jp/dp/4309412416

最後に

以上、比較的、最近出版されたものなかでも人気のある、建築・土木関連の建設系、そしてインテリアや街歩きなどに関する本を8冊選んでみました。ですが、あえて、CADオペーレーティングに直接関連した本はピックアップしませんでした。

CADのスキルアップには、実務に関係ない周辺情報も取り入れることが大事。紹介した本は、ほんの一部。ですが、すべて良書なので参考にして本屋さんで手にとってみてください。リアルな書籍売り場に行くことで、大切な1冊との出会いがあるかもしれませんよ。