INTERVIEW

施主さんと、職人さん、全員でやるという輪。1人で考える以上の楽しさがそこにはある。根気と「好き」の世界です。

白石りえさん白石りえさん:1966年生まれ。
高校卒業後、服飾デザイナー系の専門学校へ。
子育てをしながら事務職を経て専門学校に通い、設計の道を志す。卒業後、設計事務所やゼネコンでの就業を経験し、独立。
設計の経験と持ち前のものづくりへの興味を活かし、
現在は住宅の設計やデザイン、
内装検査等の業務をメインに活動。
個人の事業と併行し、2010年より株式会社APEXにて
設計技術者・CADオペレーターとしても仕事をこなしている。
main

建築は、「面白そうだな」から始まりました。

Q.いつから設計の道を志したのですか?

25歳くらいでしょうか。元々は高校卒業後、服飾デザイナーの専門学校に行っていたんです。卒業する頃には子供が生まれたので、しばらくは事務員として普通のOL生活をしていました。でも、どこか退屈に感じられてしまって。OLの制服を着ていたくないと感じたんです・・・
なんて、今は作業服を着ていますけど(笑)。 ふと、やりたいことをやりたいなと思ったんです。それで、子供が小学生の頃に、東京都がやっている職業訓練校のような学校へ足を運びました。科目を探したら建築がふと目について、「面白そうだな」と。それで、設計の学校に行くようにしたんです。約1年通いましたね。

Q.「面白そうだな」から始まり、1年後どのような道へ?

その専門学校に講師に来ていた先生の設計事務所に進んだんです。ちょうどバブルの時代ですね。人がいないというのもあったのですが、仲良くさせていただいていたので、滑り込みをさせていただいた感じです(笑)。 とはいえ当時は、周りもそんな感じでお仕事へ結びついていくことが多かったので。普通のことでしたよ。
その設計事務所は、アトリエ系というか、意匠デザインの事務所でしたが、雑用から始まりました。最初は、現場を見ても、本当に何もわからなかったです。でも半年くらいから、「この物件をやって」と担当を持たされて。基本設計は先生がやるんですが、役所の許可をとったり、設計を進めたり、どんどん任されるようになっていくんです。私だけではなくて、一緒に入った人たちも、皆そうでしたね。

Q.その頃からCADをやっていたのですか?

はい、もうやっていました。早かったので、Windowsがまだない頃だったと思いますね。
通っていた学校ではCADの授業は全くやらなかったので、自力でした。
事務所に入った頃から、すぐにCADを書いていたので、ひたすらいじくっていじくって・・・。
必要があれば、人間やるのよね(笑)。

PageUp

住む人・使う人が、ストレスを感じないような物をつくることが大事。

Q.印象的だったお仕事はなんですか?

最初に事務所で担当した案件ですね。廃屋のような、古いおうちを解体するところから始まりましたよ。取り壊してサラ地になった後から通いましたね。
基本設計を先生がしてくれたので、それに肉付けをして図面を何枚か書いて。
施主さんの希望でピンク色のおうちになったんですよね。共同住宅で、木造2階のピンクのアパートです。初めての仕事ですし、自分でそっくり関わったので、印象深いですよね。
そちらの事務所には6年くらいいましたが、その後工務店を経て、施工をやる建設会社に進みました。そちらでは、個人住宅をメインにしていました。

Q.住宅が中心ですね。時代によって建物の傾向などあるんでしょうか?

そうですね。施工もやっていた建設会社では、一戸建てばかりやっていましたね。リフォームは1つもなく、全て新築住宅。そうそう、木造3階建てが出て来た頃で、それをよくやっていましたね!
デザイン的なものの流行りもあると思います。やはりその時の流行りのものを多く建てましたね。壁は全部タイルで、屋根はスレート、輸入の建材、暖炉、無垢の木を使ったフローリングやドアとか・・・、贅沢なものでしたよね。まさに、贅沢系。私自身は、バブル期に新人でしたから、お給料も初めはとても安かったですけど・・・(笑)。

Q.面白いと感じる案件は?

個人住宅が一番好き。色々な提案をさせていただけるので。何度も何度も話し合うことも楽しいです。友人の家をやったりもしたんですが、元々物が多いおうちで、「これは収納命だな!」と思い、何を残すか、どこに何を置くか、片付ける場所が全部決められる収納を作ったことがありました。
家事に時間をとられたくないという奥さんでしたし、お子様も3人。特にご家庭だと、旦那さんと奥さんの意見は真逆なことも多いんですよね。男性はコレクター的、女性は収納大事。だから3畳くらいの納戸を、不要なものを入れるだけの場所として作ったり、和室の床を改装し、畳の下の板を切って深さ1メートルの床下収納を作ったりしましたね。結局それも、旦那さんのご趣味のタイヤ入れになっちゃったんですけどね(笑)。
住む人・使う人がストレスを感じないような物をつくる、それは大事だと思っています。
例えば、家の中でもトイレは、1日でも家族の誰かが、最低20回以上ドアを開ける。狭いと嫌ですし、快適さが大事ですよね。キッチンや水回り関係なんて、特に主婦は1番ストレスを感じやすいところだと思うんです。そういうものを取り除くような提案をしたいとは思いますね。

PageUp

やっぱり「好き」かな。その気持ちが、一番大事です。

Q.33歳で独立をされた経緯は?

お世話になった工務店が無くなり、知人から「やらないか」と声を掛けていただいたんです。きっかけはそんなものだったりしますよね。初期投資もそんなにかからないですし、パソコン1台とプリンターがあれば出来ると思っています。
独立したての頃は、時代もありますが、スナックやショットバーの改装が多かったですね。
いわゆる、店舗のリフォーム・改装ですね。オーナーさんが変わって、低予算であってもイメージを一新としたいという要望が多かったです。そのうち、知り合いの大工さんの紹介だったり、友人の繋がりで、お仕事が増えていきました。

Q.苦しいことはどのようなことですか?

締め切りが近いのに出来ていない、とか。CADで図面を書く仕事もしていましたが、その時はひたすら明日までに15枚書かなきゃ・・・とか、よくありましたよ(笑)。 それから、大きな案件ですと、やり甲斐もありますが大変さも。やり直しはきくといえばきく世界ですが、お金と手間と時間をかければの話なんですよね。何万、何百万ではなく・・・1千万円以上のものを作る世界なので、失敗って出来ないので。その金銭的な問題が大事だったりするんですよね。それから、自分だけ1人がいいものをつくろうと思ってがんばってもダメで、施主さんと、職人さん、皆でやるという輪が必要で、幾つもの要素があるので・・・。自分1人って本当にダメだし、つまらないですよね。自分の家だったらいいのですが、そうではない。自己満足でやれるならそれはそれで嬉しいんでしょうけど、それ以上のものがありますよね。自分だけでは何も出来ない。1人で考える以上の楽しさがそこにはあります。

Q.お仕事で大切なことはなんでしょうか?

根気の世界なので、集中力と根気がある程度必要ですが・・・やっぱり「好き」かな。それが一番大事ですよね。数の世界と言われますが、数字も子供の頃も全く得意ではありませんでしたし、未だに数学も苦手ですし。子供の頃は、図鑑を読むことなんか好きでしたね。物の仕組みそのものに興味があったんです。自分の「好き」という気持ちや好奇心に向き合う延長で、仕事の中でやるものは後から付いてきますよね。

Q.長くこのお仕事を続けている中での変化は?

会社勤めから独立した時に思ったのは、1人になったら責任感が重い。すごくリアルだなと思いましたね。働き方は、今は個人の住宅を中心に、自分の仕事がメインですが、4年前からお世話になっているAPEXさんでもお仕事をさせていただいています。ライフスタイルの変化は特に無いかな・・・年をとる、子供は大きくなる・・・そういった変化だけじゃないですかね。変わらないですね。周りの協力があるからとも言えます。
今は、APEXさんの方でいただいたお仕事でCADの図面を書いたり、知人の繋がりでお仕事に携わったり。何かしたい、コレがしたい、ということではなく、来たお仕事を楽しんでこなしています。

PageUp

お仕事で使っているCADのソフトは?

JW-CADとDRA-CADです。CADは、周りもみんなそうでしたが、自力ですね。設計のお仕事の中で、実際の業務の中で学んでいきましたよ。

ご趣味はなんですか?

読書ですね。何でも読みます。小説も、漫画も好きですよ。息抜きにもなりますし、お仕事の知識も広げられるので、本屋にはよく行きますね。

最後にひとこと

お仕事の内容としては身近なものが多いですが、仕事のために、知識として体験できるものは体験します。例えば、花屋ですと、最近話題のところを見学したりもしますし。そういった傾向と対策は一応します(笑)。 これからも、楽しんでやっていきたいですね。

PageUp

INTERVIEWER'S_EYES

高校生の頃には、手作りの洋服を古着屋に置いてもらい売っていたという白石さん。好奇心で20代で建築の世界に飛び込み、ずっと現役でお仕事を貫いています。時に自信たっぷりに、時に客観的に仕事を見つめるその言葉の端々からは、無限のパワーをいただけるよう。
人の買い物のなかでも一番大きなものである、住宅。元をたどれば、人の手によりひとつひとつ作り出されたものだということに気付かされました。

PageUp
interviews
  • 山本 廣資
  • 真鍋 翼
  • 菱﨑 千加
  • 白石りえさん、下田藍さん、熊田昭子
  • 松田雅代
  • 渡邊朋子
  • 中川理恵子
  • 佐原充
  • 北山丈博
  • 加藤義一
  • 村上由希子
  • 鈴木俊一
  • 榊征倫
  • 森口千春
  • 白石りえ
  • 加藤真啓
  • 辻幸子
  • 岩田恭子
  • 平泉 美知子
  • 馬場涼子
  • 斎藤麻未
  • 菊本則子
派遣でも6ヶ月毎に5万円のボーナス CADカフェを運営するアペックスであなたも働いてみませんか?
派遣でもボーナス支給!1分で簡単登録!