ホームホーム > コラム > 東京建物散歩~銀座和光時計台~

東京建物散歩~銀座和光時計台~

東京建物散歩~銀座和光時計台~

長谷川、佐々木、槙野
さて。東京建物散歩も10回目となりました!

長谷川
記念すべき10回目は、お洒落に銀座の街並みなんて紹介してみようかと思います♪

佐々木
わ。お洒落ー!!!!!

槙野
銀座と聞いて、まず思い浮かべるのは「和光の時計台」でしょう。

佐々木
あ!あれね。銀座の象徴的な存在で銀座を舞台とした映画やドラマの際には必ずといって良いほど背景に登場してるよね。

槙野
銀座のランドマークみたいだよねー♪

長谷川
早速調べてみたんだけど、この時計台は昭和7年に建築されて2代目なんだって。
初代は1894年に建築されて施工は清水組で、アメリカンルネサンスの様式を取り入れた商業ビルで
現在は高級百貨店だけど、もともとは服部時計店の社屋として建てられたものらしい。

槙野
ねえ、服部時計店って何?

佐々木
服部金太郎さんって方が服部時計店を創業したんだけど、
現在で言うセイコーホールディングスのことなんだってさ♪

槙野
あ、そういうことなんだ!

長谷川
設計は渡辺仁さん!調べると東京国立博物館本館や第一生命館などを設計された方なんだってさ。

佐々木
それぞれの建物…銀座和光とは形が違っているね?

長谷川
渡辺仁さんは、特定の様式にこだわらずに様々な意匠を取り入れた器用な建築家だったんだってさ。
銀座和光ビルは結構歴史のある建物で、建物の外装材は大震災直後ってのもあって災害や地震を考慮して
すべて天然石が使われて、イタリアから直輸入したりしているらしい!

槙野
さすが銀座!何だか作りから高級感が溢れているわね・・・(´_`:)

佐々木
そりゃ銀座の中心街にあるんだもの!銀座の顔って言われてるんだもん。やっぱりお洒落な街~!
しかもさ、昭和63年には日本建築士連合会が「地域のシンボルとなっている昭和の名建築」に東京のシンボルとして時計台が
選ばれたそうだよ。テレビにも使われてるし映画「ゴジラ」ではゴジラが壊したので有名なんだって!

長谷川
実際に壊されたんじゃないか?って問い合わせがあったり、見に来る人もいたらしい。。

槙野
へー!それもそれで面白い話ね。笑!

佐々木
また、夜になると時計台がライトアップもされていい感じ♪

槙野
そうだ!東京のスカイバスってやつで天井がオープンになっているバスに乗って東京を観光できるやつがあるんだけど
あれは、銀座和光の目の前を通ったりするからおすすめよ。他にも東京の観光地を回るよ~。

佐々木
優子ちゃん、良い情報をありがとう!来月の三連休で行ってみるよ!

 
 

人物紹介
佐々木
10月といえばハロウィン!昔は黒いビニール袋を使って魔女の仮装をしたりして遊んだなあ。今でも魔女の仮装がしたい!!・・・もうこの年ではアウト?(笑)

長谷川
私はハロウィンと言えば、限定お菓子が大好き!今でもコンビニに売ってるハロウィン限定のお菓子が好きだから、よく買いに行くんだけど食べ過ぎて最近太ってきた気が・・・
槙野
私はこの間某有名テーマパークに行ってきたよ。ハロウィンイベントで盛り上がっていて私はあの某人気キャラクターになりきってきたよ♥
この記事を書いた人
CADカフェ編集部

きゃどかふぇへんしゅうぶ

CADカフェ編集部

CADを使ってお仕事をされている皆さんへ、お役立ち情報をお届けしています。株式会社アペックスが運営。

派遣でも6ヶ月毎に5万円のボーナス CADカフェを運営するアペックスであなたも働いてみませんか?
派遣でもボーナス支給!1分で簡単登録!