ホームホーム > コラム > 東京建物散歩~東京ミッドタウン日比谷~

東京建物散歩~東京ミッドタウン日比谷~

東京建物散歩~東京ミッドタウン日比谷~

佐々木
この前、東京ミッドタウン日比谷に行ってきた!

槙野
えっ!私も前から行きたかったのに…
なんで誘ってくれなかったの?

佐々木
あ…いや…天気よかったからふらっと行ってみただけだったんで…;;;

長谷川
どんな感じだった?

佐々木
とにかくオシャレ!
地下鉄と直結している地下のアーケードから高級感がすごい。
元々日比谷三井ビルと三信ビルがあった跡地に建てられているから、
地下は三信ビルをモチーフにアーチ型天井や曲線を活用した内装にしているらしい。


槙野
オシャレー!

佐々木
あと、ビルの外観の曲線は、昔近くにあった鹿鳴館を意識していて、
コンセプトは「ダンシングタワー」★

長谷川・牧野
おおー!

佐々木
柔らかなドレスが舞うイメージ。
ロンドンを拠点とするホプキンス・アーキテクツという建築事務所でデザインしたんだって。

長谷川
制震構造は?

佐々木
これがまたすごいの。
自動車のブレーキ制御などで用いられているエネルギー回生システムの原理を応用した
制震オイルダンパーを採用していて、
風揺れや振動7まではもちろん、頻度の高い4~5クラスの地震とか
長周期地振動に特に高い効果を発揮するそう。
一般的な制震構造と比べて揺れ幅とか揺れが収まるまでの時間が劇的に減るらしい。

長谷川
すごいね!

槙野
でも、周りに劇場とか映画館とかホテルとかあるから、
解体も新築も大変だったんじゃないかな。

佐々木
だったらいしよ。
日中は上映があるし夜は宿泊客がいるから一時も音や振動が伝わってはいけなくて、
直接近隣の施設へ行って、数値を測定し、体感し、どのように作業を進めるか決めたんだって。

長谷川
大変だ…

槙野
そういや、近くにゴジラもいるんじゃなかったけ?

佐々木
いたよ!ほら。


槙野
結構大きいね。

佐々木
写真ではそう見えるけど、実際に見ると可愛い感じの大きさ。
私以外にも写真撮ってる人結構いた。
TOHOシネマズも入ってるから見学兼3人で映画見に行くのもいいね!

長谷川
私はパス。

佐々木
なんで?

長谷川
私映画は一人で静かに見たい派だから。

槙野
あ;;

佐々木
じゃ、優子ちゃんと二人で行ってくるわ;;;

 
 
 
 

【物件概要】
・施工:鹿島建設
・デベロッパー:三井不動産
・マスターデザイン:ホプキンス・アーキテクツ
・都市計画、基本設計、デザイン監修:日建設計
・実施設計:鹿島建設の設計本部
・工期:2015年1月~2018年2月
・構造:S造
・階数:地下4階、地上35階、PH1階
・高さ:約192m
・延床面積:約18万9000m²

 
 

人物紹介
佐々木
最近、暑すぎる…
こういう時はキンキンに冷えたビールを一杯!クーッ!!

長谷川
暑い日はクーラをガンガン付けて、
ゲーム三昧が一番★

槙野
私と怖い話を聞きに行くのはどう?
だんだん体が冷えてくると思うよ。
この記事を書いた人
CADカフェ編集部

きゃどかふぇへんしゅうぶ

CADカフェ編集部

CADを使ってお仕事をされている皆さんへ、お役立ち情報をお届けしています。株式会社アペックスが運営。

派遣でも6ヶ月毎に5万円のボーナス CADカフェを運営するアペックスであなたも働いてみませんか?
派遣でもボーナス支給!1分で簡単登録!